2月例会「新建ゼミ Eシリーズ」 2018.02.24,25

2月例会 ー 「新建ゼミ2018 シリーズE」 のお知らせ

  『宅老所よりあいの活動を通して見る 建築とまちづくりの可能性』

  日時:2018年2月24日(土)  一部:講演 二部:座談会  

  場所:アクロス2Fセミナー室2

  参加費:会員:500円 会員外:1,000円

  見学会:翌25日(日)午後 “よりあい”各事業所の見学会

      新建会員、一般共1000円(当日徴収)

お申し込みはE-mailかFaxでお願いします。

 下記に詳細があります。↓

 「宅老所よりあい」は 1991 年、一人のお年寄りを支える取り組みに始まる地域福祉の砦、 高齢者福祉分野の草分けです。「よりあい」の歴史を振り返ると、そこには常にお年寄りのた めの「場」づくりがありました。この講座では、「宅老所よりあい」の場づくりの歴史をとお して「建築とまちづくり」の可能性について共に感じてみたいと思います。建築とまちづく りに携わる建築家、技術者の皆さん、特に建築を志す若人の皆さん、奮ってご参加ください。

 

<開催趣旨>

今日、「建築とまちづくり」はその力を社会のために十分に発揮できているでしょうか。「質実な建築」を通して人の暮らしや地域の人々のつながりを思うことが蔑ろにされてはいないでしょうか。住宅は作り上げるものではなくカタログ商品となり、需要を超えるマンションが乱造されています。都心に残された大切なゆとりの空間も、知らぬ間に経済活動の舞台へと姿を変えています。遂に市民は「建築すること」への期待を失い、建築技術者も建築への無力感に慣れてしまったかのようです。

当講座ではこのような問題認識に立ち、さまざまな事例を見ながら改めて「建築すること」の可能性を感じてみたいと思います。シリーズ初回は、「宅老所よりあい」の活動の歴史を取り上げます。高齢者福祉分野の草分けがどのようにお年寄りのための「場」をつくってきたのか。その歴史をとおして「建築とまちづくり」の可能性について共に感じてみたいと思います。

 

   

 日時: 2018年2月24日(土)  開場18:15 講演18:30~20:30

  一部 講 演  村瀬孝生さん「場を育む」

  二部 座談会  村瀬さん、宮野さん、濱崎さん  (司会:大坪)

※翌25日(日)午後、“よりあい”各事業所の見学会を行います。(市内3か所を予定)

 

<会 場> アクロス福岡2F セミナー室② 定員60名(福岡市中央区天神1-1-1)

<資料代> 新建会員500円 一般1000円(当日受付にて徴収)

<見学会参加費> 新建会員、一般共1000円(当日徴収)

 

<主 催> 新建築家技術者集団福岡支部

      (お問合せ/風土計画 月成・大坪 TEL092-737-3633)

 

 

[お申込み方法]

受講ご希望の方は下記の要領で E-Mail にてお申し込みください。

shinkenfuku@gmail.com  件名「受講申し込み」

 

記載事項 : ○お名前 ○所属(会社、学校名など) ○連絡先電話番号(できれば携帯電話)

     ○受付確認メールの返信先アドレス ○25 日見学会の参加希望 有・無

 

・お申し込みが定員に達しましたら締め切りといたします。

・整理の都合上、なるべくメールにてお申し込みください。

・見学会への参加申込みを戴いた方へは、後日、詳細をお送りします。

FAX での申し込みをご希望の方は、上の「記載事項」を漏れなく下記へお送りください。

 

092-737-3636 (風土計画)  件名「受講申し込み」 


ダウンロード
■新建ゼミ2018シリーズE フライヤ(正).pdf
PDFファイル 938.2 KB

■ご参考まで、二日目の見学ルート資料添付します(詳細、検討中)