Sビル再生プロジェクト(第3回)

Sビル再生プロジェクト 3回目のご案内です。

  日時:2017年7月8日(土)11:00~

  場所;平丘ビル

 

前日本マンション学会 会長の梶浦先生が理事長を務められている「集合住宅維持管理機構」は、10数年前からマンションの大規模改修を中心とした支援を行ってきた日本でも草分けの団体です。その集合住宅維持管理機構の中心となって、活躍されている大槻専門委員の講演があります。

大槻さんは、新建大阪支部の事務局長で全国常任幹事、建まち誌編集委員でもあります。先日、出版された新建叢書の第1号は、今回の講演会のテーマでもある「大規模修繕どこまでやるのいつやるの」です。

 

3回目は、この講演を聞きたいと思います。当日、午前中11時ころからSビルを見ていただくことにしています。その後、意見交換しながら昼食をとり、講演会場に行こうと思います。

参加される方は、伝助にご記入ください。

  http://densuke.biz/list?cd=QSLPBQzJkFc9nE3R

 

講演の申し込みは、私にでもよいですし、直接福岡マンション管理組合連合会

電話 092-752-1555 FAX 092-752-3699 

 Eメール: fukukan@fukukan.net でもかまいません。

 

 

 講演会

 主催 福岡マンション管理組合連合会

 日時 7月8日(土) 13時15分

 

 場所 天神ビル 13階 

 

 

Sビル再生プロジェクト 第2回目

  日時:2017年6月13日(火)16:00~18:00

  場所;平丘ビル

 

第2回目のワークショップを行ないました。

 

補修材料メーカーの(株)日本化成から講師を呼んで
補修方法の検討を行いました。

 

 

 

新建福岡の皆さん

 

 5月24日にSビルの躯体調査を行いました。

Sビルのほうは、主要構造部はモルタル塗りであったため、コンクリートの中性化はあまり進行していませんでした。

しかし、廊下手摺などはかぶり厚が少ないこともあり、爆裂が発生していました。

隣のHビルは、コンクリート打ち放しということもあり、中性化の進行が大きいようです。

アルカリ骨材反応と思われるひび割れもあり、補修方法の検討が必要です。