熊本市内の状況3

 

4月27日は仕事の関係もあり熊本に行きましたので、その前後の時間を使って、何件かの被災住宅の相談に、事務所の渋田さんと行ってきました。

いずれのお宅も被害の大小はそれぞれでしたが、地震の応急危険度判定が済んだ方は、ではその後の修理対応や保険会社との交渉などをどうしたら良いのか?済んでいない方や判定までいかない程度の被害の方は、余震の続く中で果たして自分の家に住み続ける事が出来るのか? というご相談や悩みが多かったです。

 

福岡支部では浜崎さんのご友人で、震源地近くの益城町で介護施設をなさっていて、現在は入所者の方々と避難をされている高橋さんのところに伺うことになりました。

震災時の福祉サービスの状況や今後のあり方について、情報や意見交換をする予定です。詳しくは片井さんからメールがあると思います。

5月3、4日の予定です。

 

まずはご報告まで。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    吉野信義 (木曜日, 05 5月 2016 13:56)

    新建福岡の皆様
    ご無沙汰しております。
    元東京・埼玉支部に所属していました吉野信義です。
    実は8日から今月一杯の予定で上海から大分に地震保険の調査で入ることになりました。
    5年前の東日本の時も日本にいたので同じ調査に入りました。
    チャンスが有れば福岡支部に顔を出したいですね。