震災後の比較動画(閖上、空港周辺)


震災一ヶ月後の津波の後の状況が、半年後にはこれほど変わっています。

2つのビデオを同時に比較して再生してみるとよくわかります。

 

(以前にも書きましたが…) 

半年前に行った名取市周辺の沿岸部を少し車で廻ってみました。

植物の力って凄いですね!HPに上げてるのは、同じ場所での半年後の風景ですが、雑草とはいえ植物の逞しさが瓦礫に覆われた悲惨な惨状を、すべて覆い隠してしまっていました。

津波直後の状況を知らないと、まるで緑豊かな草原にも見えてきます。

稲や野菜などの作物が、海水の塩分によって生育を阻まれた中であっても、彼らは逞しく生命を謳歌している様です。雑草という草は無いそうですが「雑草魂」に復興の勇気とパワーを学びたいとも思いました。

 

しかし、積み上げられた大量の瓦礫の山を見ると、人間の営みの小ささと儚さを感じます。

自然の力には人工物は無力だと痛感させられました!

 

 


 

[仙台空港周辺] 

 

仙台空港周辺の津波による被災状況です。

多くの瓦礫が散乱したままで、建物は基礎しか残っていません。

 

  ・今後の視察地区も同様だが、空港に近づいて高速の下を潜った途端に風景が一変する。 

  ・市街地を抜けて海岸沿いに近づくまでは、どこにでもある普段と変わらない日常の街並。

  ・空港周辺は米軍の協力で、使用可能な様に整備されているが、周辺の集落は壊滅状態。 

  ・道路は瓦礫が取り除かれ立入禁止地域以外は通行は可能。(盗難等のための警備が多い)

 

 


コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    雨森 昭志 (月曜日, 17 10月 2011 12:14)

     自然の逞しさ、成長の前では、人間の小さいこと、、、
    これからは、放射能をどう処理するのか、気になるところです。
     お疲れさまでした。